記事

アクティブな時間(分)とは何ですか?

« 戻る

Information

 
Article Text

早足から有酸素運動またはジョギングまで、実行しているアクティビティが通常の歩行よりも努力を要するもののときには、Fitbitデバイスはアクティブな時間(分)を認識し賞を与えます。

アクティブな時間(分)をどのように獲得していますか?

Fitbit デバイスは、代謝当量(MET)を使用して、アクティブな時間(分)を計算します。 MET は、様々なアクティビティのエネルギー消費を計測するのに役立ちます。 MET では、体重が異なる人々の間でも比較可能なため、運動の強度を表す数字として広く使われています。 たとえば、MET 1 は、身体が休息状態にあることを示します。 Fitbit デバイスはアクティビティの強度を計算することによって、与えられた時間に MET 値を推定します。

約3MET以上のアクティビティに対するアクティブな時間(分)を獲得します。  米国疾病対策センターで推奨されている「1 回 10 分の運動」の考え方に基づき、アクティブな時間(分)は中程度~激しい運動が 10 分間継続された場合にのみ認められます。 CDC の推奨事項は、CDC のウェブサイトから確認することができます。 

同じ運動を行っているにも関わらず、アクティブな時間が少なくなっている場合は、エクササイズの強度が鍵となっている点を忘れないでください。 例えば、同じ距離だけ運動したように思える場合でも実際にはわずかながらも異なっており、合計のアクティブ時間が十分に変化するといったことも珍しくありません。

エクササイズやアクティビティを手動で記録すると、アクティブな時間(分)が計上されますか?

手動で記録されるほとんどのアクティビティでは、Fitbit は標準の MET スコアと消費カロリーを使用してアクティブな時間(分)を計算します。 消費カロリーの高いアクティビティをすると、アクティブな時間も多くなります。 カスタムアクティビティには MET スコアが関連付けられていないので、消費カロリーの高い運動も記録する場合には、そちらのアクティブな時間のみが計上されます。

アクティブ時間の目標をどのようにしたら達成できるでしょうか?

あらかじめ設定されているアクティブな時間(分)の目標値は、米国疾病対策センターにより推奨されている毎日の中程度~激しい運動の時間 (成人の場合は20~30 分、子供の場合は 60 分)に基づいています。 各自のニーズに合わせてとてもアクティブな時間(分)の目標値を変更できます。 詳細は、「Fitbit で健康とフィットネスの目標を記録するにはどうすればよいですか?」をご覧ください。

心拍数を記録する Fitbit デバイスは、ウェイトリフティング、動きの激しいヨガ、ローイングなど、歩数ベースではないアクティビティについて、より正確にアクティブな時間(分)を認識できます。 心拍数センサーがないデバイスでは、歩数ベースではないアクティビティのアクティブ時間(分)は短縮されます。

MET 値はカロリー消費量に応じて上昇します。従って、カロリーを消費するほど、合計のアクティビティ時間(分)は長くなります。 10 分間以上アクティブだったと仮定すると、カロリーグラフの緑のスパイクがこれまでのアクティブ時間(分)を示します。

 

最終更新日時: April 25, 2019
この記事は役に立ちます この記事は役に立ちます

この記事は役に立ちませんでした この記事は役に立ちませんでした

従業員ウェルネス及びヘルスプラン加入者の皆様

カスタマーサポートへのログイン


サポートに連絡

質問が見つかりませんか?

コミュニティを見てください。

問題は解決されましたか?

サポートに連絡